じんぺーす。。。
7月4日に仁はまたあらたなスタートを切りました。
バーコードなどを小出しに出したり、適度に露出しながら、仁は仁のやるべきことを着々と進めていました。

「すぐ」
とう仁の言葉に「すぐ」って言ったじゃない?ってじりじりして待つこと、待つこと・・・待ちくたびれすぎた頃、どどどーんと仁が自分のレーベルをそしてファンクラブを立ち上げたのです。

その規模たるや、創造の粋を超えてました。




一気に進みすぎ(爆)





たぶん、仁の中での時間と私たちが思う時間とでは開きがあるんだろうなと思うのです。
じっくりじっくり暖めながら事を進めていきたいのだろうなと。
そしてくるべきときがきたら、躊躇せずに一気に進みたい人でもあるのだろうと。
だからグループでいる時に、自分のやりたいことが見つかったとき、グループでやるべきことをこなしながら自分のやりたいことをこなしていくのは大変だったろうし、自分のペースを守ることが難しかったのだろうなと思うのです。
それは、グループでいることがいやだとかそういうのではなくて。
グループメインで考えてると自分自身のことがお留守になりがちだし、自分の方をメインに考えてるとグループのほうがお留守になっちゃったりしちゃう人なんだろうなと(笑)
そいう意味では不器用な部類に入るのでしょうね。
で、まったく不器用な人なんだから・・・って笑ってると、すごいことになったりするのも仁で^_^;

いつもいつもとんでもない方向から驚かされることばかりなんですけれども(笑)

仁というボールが乱反射しすぎです(爆)




仁がジャニーズをやめてから仁の誕生日までの時間をずっと待っていました。
もしかしたらクラブサーキットの頃から待っていたのかもしれませんけれど・・・。




もうすぐ新曲がでますね。
当たれば9月にイベントに行けます。
でも、9月は病院の検査と診察が立て込んでいるのです。
できれば10月だといいなあって思っていたら、9月だそうで。
かさならなくても落ち着かない中で行くことに(すっかり当たっているつもり/笑)なるのかと。
いまいち身が入りません(大嘘です)



どうか当たりますように(なむなむ・・・)







これからもたぶんずっとずっと、仁なにやってるの〜?ってやきもきしてたり、おお〜びっくり(笑)・・・みたいなことの繰り返しなのでしょうね^_^;
それもまた仁ファンの醍醐味・・・なのでしょう(たぶん)


これから先もずっと仁とともに歩んでいけたらいいなと(^^♪







仁〜♪















JUGEMテーマ:赤西仁
NAOKO | 独り言 | comments(0) | - |
JIP's。。。
仁が再始動しました。


2月末にジャニーズを退社し、どこに所属するのか、と思っていたら、自分で自主レーベルを立ち上げてしまいました。
3月頃バーコードの仁がツイッターに上がり、何何?とざわめき。
そのバーコードをぴっとしたら、いくらになるのかしら?とかあほなことばかり考えてて、当の仁は?って思っていたら、思った以上の活動を秘めていた仁。
カウントダウンで私たちを釘付けにしていて、さらっとファンクラブをお披露目してくれちゃいました。

そのファンクラブ、私はすんなりは入れませんでした^_^;
ええ、こういうこといつものことなので、いいんですけどね、涙がぼろぼろでましたけれどね^_^;
最終的には入れたので、いいのですけれどね(微笑)



さ、これから新たな局面に入ってきました。




思えば、仁はいつかはこういう道へと進んで行くような気がしてはいました。
仁は自分ですべてを作り上げていくたい人なのでしょうね。
やっと進みたい方向へと入ってこられたのかもしれません。
仁の進む道はハイテクすぎて、アナログ人間の私はどこまでついていけるかわかりません^_^;
でも、熱狂的についていこうという気持ちはもうありません。
健康の不安もすごくありますし、好きという気持ちを充分味わい尽くしてしまったから・・・。
今はただ静かな気持ちな好きな思いがいっぱい。

しばらくは好きになった頃の仁に浸ってみようかなと思います。

甘酸っぱくて胸が震えるような思いでいっぱいだったあの頃。
あの頃はずっとずっと仁はジャニーズにいると思ってたのに。
いつからかどこかへと行ってしまうような気がして不安でした。
いつもいつも、想定外の世界へと進んでいく仁。
ついていくのがこんなにも大変で嬉しい人を好きになってしまったなんて(笑)




私は私のペースで仁についていきます。
それぞれ自分のペースで進んでいけばいいのですよね。




この先がとても楽しみです(^^♪





仁。
おめでとう!







仁〜♪
JUGEMテーマ:赤西仁
NAOKO | 赤西仁 | comments(0) | - |
はっぴばーすでぃ。。。
赤西仁さま、お誕生日おめでとうございます。
素敵な30代になられることでしょう。

仁を取り巻くたくさんの人にお祝いしてもらっているでしょうね。
仁ファンもたっくさんお祝いしています(^^♪
幸せなプライベートとともに、素敵な姿をお仕事でもたくさん魅せてくださいね(わくわく)




仁をはじめて見たのは、いつだったのかしら・・・?
なんて忘却の彼方のようなことを言ってますが、はっきり覚えてますこと(笑)
偶然のようにつけたTVに納豆を食べる可愛い男の子がそこにいました。
ミッチー目当てに見たドラマだったのに、一瞬で目を奪われたのを覚えています。
背中丸めてちっちゃくなって、納豆に目をきらきらさせてる隣の家の男の子。
こんな子だったら、縁側から上がりこんで納豆かけこんでもよくてよって興奮しちゃったりなんかして(爆)
彼が本物だったらいつかまたどこかで逢えるって不思議に思ってました。
だから名前も確認せずにいて・・・。


年明けすぐの夜もヒッパレで綺麗な胸筋を惜しげもなくハダけてた「赤西仁」を発見して大騒ぎしました(笑)
「仁〜♪」
いまでこそ、珍しくない大騒ぎですが(笑)その頃の私はそんなこともなかったので、とにかく子供たちがびっくりしてました^_^;



可愛らしいのに、セクシーで、無邪気な男の子って感じなのに、どこか大人っぽくて、思い切り年下なのに、年下な感じに思えなくて・・・。
そんな仁にどっぷり嵌ってしまうのは必然のことだったように思えるのです。

本当に波乱万丈すぎてファンでいることがつらく思えた日もなきにしもあらず。
枕を、タオルを、濡らした日々もあったけれど、それでもついていくことをやめなかった・・・ううん、やめたくはなかった。

仁ファンでいる私も好きだったから。。。



これからも好きでいさせてください。




どんな30代になるのでしょうね。
仁の活躍が楽しみです。







本当におめでとう(かんぺーい)









仁〜♪






JUGEMテーマ:赤西仁
NAOKO | 赤西仁 | comments(0) | - |
ばーこーど。。。
おとなしく待ってたら、仁のご褒美の動画がjinakanishi.comにアップされました。

もうっ(ぷっく〜)


えへ〜(にまにま)




いい年の乙女(こらこら)が、転がされちゃってまあ(笑)






ずっと前にアップしてくれたバーコード仁もそこにあって(ぴっ)





やさしい笑顔がそこにあって。





幸せの証の指輪がきらきら輝いてて。





それだけで幸せ。








ずっと昔、指輪してTVに出た仁。
これはまた大荒れになったうかもって心配でした。
果たして、荒れました^_^;

でも、私はなぜかまったく気にならなかったんですよね、本当に。
うん、本当に不思議なくらい。
寧ろ指輪してることで仁が笑顔で素敵なパフォーマンスを魅せてくれるのなら、私はそれでよかったから。
でも。
仁はそれ以来、左手を外に出さなくなっていったのです。
不自然なくらいポケットから手を出さなかった。
なんて悲しい景色なのだろう、と。




そして今。
誇らしげに仁の左手薬指に光る指輪が眩しくて、そしてただただ嬉しくて。





やっぱり綺麗な男(ひと)だなあとため息が出ます。
あんな綺麗な人なのに、可愛くて無邪気だなんてずるい(爆)

でも。
持てる人はその才能を自覚していないのかもしれないのかなあ。
発表の場としての自分はプロデュースするけれど、普段はまったくもって無頓着なところがある人なのだから^_^;

せめて、歌番組(出て/願)に出るときは、セルフプロデュースしてください。
その綺麗な容姿を最大限に生かしてほしいなあと思うばかり(無理?/笑)



何はともあれ、仕事に対して高いモチベーションを持てる環境でいられるって嬉しいなって思いますね。






カウントダウンが0になる時、何が起こるのでしょうか。
0になって終わり、じゃないよ、ね?(笑)







仁〜♪
 
NAOKO | 独り言 | comments(2) | - |
いよいよいよ。。。
仁のサイトのカウンターが141414ってなったのをインスタグラムに載せてくれた仁。
私は、いーよいーよいーよ、だと思い込んでたのですが(笑)
本当は「いよいよいよ」って今まで少しづつ現況をお知らせしてくれてた仁の最終段階に入ったというお知らせだったのかなあなんて気がしてきました。
いーよいーよいーよ・・・だなんて超能天気すぎて(笑)
でも、141414を見た瞬間そう思っちゃったのですもん^_^;


それにしてもお知らせしてくれる仁のマイペースさに翻弄されっぱなしの私たち。
それすらも嬉しいのですけれども(笑)
でも、もうちょっとちゃっちゃとやってもいいんでないかい?みたいな気持ちもありつつ(こらこら)

もうね、仁ファンいろいろ強くなりすぎだし(爆)
待つのがとっても上手だし(爆)


待った先に何があるかわかってるから、おとなしく待てちゃうのもあるんですけれどね^_^;





それにしても、今年前半は今の仁を見ることなく終わってしまような・・・^_^;




去年のクラブツアーの後はまたすぐ、本当に年が明けたらすぐ逢えると思い込んでたお気楽さ(笑)





肝に銘じましょ^_^;








ハプニングをマイナスと捉えるか、プラスと捉えるかによって、その人の生き方が変わってくるのではないかと思うのです。
仁はプラスに考えられる人なんですよね。
そこは時として不真面目にとられがちだったりするのですが、仁の柔軟さがハプニングを演出のようにもっていける人だし、むしろステージ上のハプニングは演出の最終味付けのように思っているような気がします。
私は仁のそういう柔軟さがとても好きなのです。
とにかく楽しそうで無邪気に歌い踊ってた仁にまた逢いたいなって思うけれど、仁はもうその先に進んでってしまったのでしょう。
その先をもっともっと見ていたいと思うのです。
いや、見させてください、かしら?(笑)


熱狂的だったファンになりたての頃と違って一歩引いたところで仁を熱狂的に応援していければ、と思いますね。




応援していける身体でいたいなあ。







仁〜♪

JUGEMテーマ:赤西仁
NAOKO | 独り言 | comments(0) | - |
/ 1/712PAGES / >>