赤西仁盲目NAOKOが毎日語っております。
時に熱く…時に甘く…(笑)
最近は男子バレーボールの石川選手、柳田選手のことも呟いています。
どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m
last entry category archives profile
comment link Blog pet material by 空色地図
template by xxx
qrcode
SMAPXSMAP(キアヌ・リーブス、柴咲コウ、赤西仁)2013.11.25

一日千秋の思いで待ってたこの時間。
いよいよスマスマがはじまります。
心臓、静まれっ!(^^)!



長くなってしまったので、続きに入れました。
お時間のある方はお付き合いくださいませ。
長いので、PC推奨です。






仁〜♪


JUGEMテーマ:ジャニーズ
JUGEMテーマ:赤西仁
 
ブラなしスーツの仁が来店しました(はふはふっ)
ああああううううう耳だししてる(よだれ)←ふきなさい
っていうか、あんなに待ち望んでも舞い望んでも叶わぬくらいだったのに、ここにきて一気に叶うなんて・・・ハリウッドってすごい(いまさら^^;)
料理は「お蕎麦」をと。
お蕎麦苦手なんだったら「いや俺無理なんだけど」ってって(笑)
ここへきて無理なんていわないと思うけれど、イメージ的には言いそうよねえ(爆)
そこで僕お蕎麦好きなんですよ、って言えればいいんだけれど、ホントに無理してキアヌにあわせてるように見えちゃう^^;

47RONINの映像が流れました。
迫力ですよね〜
何で私はこういうの苦手なんだろう(しくしく)

キアヌは日本刀の基礎訓練をしたそうな。
日本刀の殺陣ってまた独特ですもんね。
一刀両断って感じの。
真田さんからもずいぶん刀の使い方を習ったとのこと。
仁も教わったりしたのでしょうね。
脚本をもらった時点では四十七士や赤穂浪士については何も知らなかったので、忠臣蔵の作品を見たんだそうな。
仁も日本人とはいえ、学ぶことは多かったでしょう。


「ホントにコウちゃんが言ったように全く新しい時代を映画の中に作っちゃった」うんうんうん。
頷く仁が可愛い。
柴咲さんのこと、コウちゃんって呼んでるんですね。
仁が初々しかった頃に出演してた8Jの中で流れてたCMに柴咲コウさんの化粧品のCMが流れてました。
その当時柴咲コウさんのことは知らなかったのだけれど、すっごく印象に残ってたんですよね。
その二人が共演してこうして一緒にスマスマに出てるなんて感無量です(落涙)

キアヌから見て仁は「人間としても素晴らしい情熱的な方です。仕事への意識も高くよい精神の持ち主です」と。
神妙なお顔でキアヌの言葉に耳を傾ける仁。
座るとホントちっさいわ(笑)

「今回、こうやって携わることができて、いや本当に貴重な体験をね、現場で学ぶこととかたくさんありましたね」

「赤西くん英語は大丈夫だったの?」

「えっと〜一応・・・」

「一回何か駅前留学してたもんね」あっはっはっはっはっは。
中居兄さん、これが言いたかったでしょうねえ(笑)


「駅前・・・。あの〜」
先輩の言葉に一旦は頷きながら、なんていえばいいか、一生懸命考えてる様子の仁。
まじめに一生懸命答えてるから、いじりたくて仕方なくなっちゃうんでしょうね、仲居兄さん(笑)

「違う。アメリカ留学してたもんね。駅前留学ひゃないわ」
ここの返しが中居くんだなあって思いますね。
駅前留学って言ったら、違うちゃんと留学してましたって言ってほしいって普通は思うんですよね。
でも、そこで仁が上手く返せないでいると微妙な空気になったりしがちなのに、うまーく笑いをとってうまーくオチにもってってくれる。
ありがたいなあって思いました。

「駅前ではなかったです」
ほっとして普通に返してる仁(爆)←うっ可愛い・・・子持ち妻子アリのくせに(涙目)

時代物なので普段使わない英語が大変だったと仁。



芝居をするにあたって自分が一番気をつけてることってございますか?と柴咲コウさんに質問。
「何かどんどん慣れてってできるけど、心がなくなるのが一番怖いので、とにか心が震えてたい。何かに感動したり何かにおびえたり何かに悲しんだりって言うのがウソにしたくない」
心が震えってすごく素敵。

「赤西くんは?」
仁を見つめるキアヌの目線がとても優しい。見守られてます。
「楽しむことですね」
「楽しむこと?」
「はい、初心者なので」知ったかぶりしないのが仁。
「楽しむことって大事なことなのかな」
「僕は、そうですね」
「でも。辛い時あるでしょ。ほんとうに」
「これからはそういうことがあるんじゃないかなって。、まだそこまで芝居をやったこと、あんまないんで」そうよね、これからもっともっと経験をつんでってほしいなあって思いますもの。


知らなかったなあ、キアヌってバンド組んでたんですね。

「僕の両隣はミュージシャンです」
「ミュージシャンだもんね、二人とも」そうそう(こくんこくん)

「僕も僕も僕も」ごめんね、中居くん、笑っちゃって。
仁、そこでそうなんです、ジャパニーズナンバーワンシンガーですってきっぱり言ってあげなされ(笑)


仁は音楽と役者は別のベクトルだと言う。
「音楽はもっと自分自分。役者の場合は誰かにならなきゃいけないっていう違い」
どっちもバランスよくやってってくれたらいいなって思います。
そろそろドラマなんていかがでしょ?(ぽっ)


柴咲コウさんは、音楽活動と役者はひとつのサイクルになっているとのこと。
役者やって音楽やって、いいバランスでできてるのかなと思いますね。
仁もそういう風にいいバランスで両立できるようになるといいなあと思うのです。


「え、赤西くんはどうやって作ってるの?」
「僕はチームで。打ち込み、コンピューターで作ってます」言えたっ(ほっ)

仁は作ろうと思ったときは期限が決まってた方がいいとのこと。
追い込まれないとしないタイプだよね、と中居兄さん。
それはちと違うようで(笑)
期限が決まってないと、いつまでもずっと作りこんでしまうから、と。
まだ作りこめるって思っちゃうタイプなんだろうな。
女の人は、そういうのってあまりないと思うけれど、そういうのって男の人に多いような気がしますね。



下のほうへいってSMAPとお話しましょうということになって、下へ降りる時、キアヌはとても自然にコウさんの手を取って階段をエスコート、
そしたら、中居兄さん戸田さんを仁にエスコートさせる(笑)
こういうの仁から自然に出来るようになるといいのだけれど、それが出来ちゃってもまた仁じゃないような気がするのも、どうかと(爆)
戸田さん、いいです、いいです、いいです、いいんですよ。
4回言いました(笑)
仁は一段下に下りてスタンバイ。
「赤西、赤西、ほら女性だから」(うんうん)

戸田さんの手を取る仁。
「きゃあああああああああああああ」
この時の仁ファンの心拍数はハンパなく上がったであろう(爆)
戸田さん、いいなああ(じゅるり)

まずは、木村、香取ブースへ。
フォアグラの茶碗蒸し。
苦手だった茶碗蒸しを克服した仁。
克服してよかったね(^^♪

「是非召し上がりください」
仁にお辞儀しながら言う慎吾くん。
「やばい、やばい、やばい。やめてください、ちょっと」仁、困ってます(笑)
「やめてください」半分立ち上がります。
「今日はお客さんだからいいですよね、もちろん」中居兄さん。
「いらっしゃいませ」
木村くんにまでお辞儀されてます。
ついでにもう一回慎吾くんも。
仁が俯いて笑ってます。
「あ〜帰りてぇ〜」このお顔がめったくた可愛いのです、滾ります。可愛すぎます(ぷくく)
あのキンキさんたちも散々スマ兄さんたちにいじられて、土下寝までしちゃうんだから、仁も頑張るのよ(爆笑)
みんなに大うけです。
こういうとこって可愛いなあって思いますよねぇ。
「いたたまれないと思いますよ。お召し上がりください、どうぞ」中居兄さんの優しい声。

「いただきます」
手を合わせる仁がちっちゃい子みたいです。
「うめぇ〜」上を向きました。
すっごくおいしそうな笑顔です。
茶碗蒸しの上の銀餡がまたとってもそそりますわ。
キアヌは茶碗蒸しは初めての味なんだそうな。
おいしい茶碗蒸しがはじめてだなんて幸せですわね(^^♪
「さあ、赤西どうでしょう?」
「めちゃめちゃおいしいです」満足げなお顔がまたいいもんですねえ、見てる私たちも幸せになります。
慎吾くんはマトリックスのコントをやったと。
カトリックス(笑)

次は鴨南蛮蕎麦。
鴨の脂で焼いたというネギがまた香ばしくておいしそう。
鴨南蛮蕎麦は仁もお好きでしたよね?
箸の持ち方も、口に頬張る食べ方も、ちっとも変わってない仁になぜか、ほっとしたりなんかして(笑)



今度は草なぎ、稲垣ブースへ。
冷たいお蕎麦をと。
一度食べたことがあるとキアヌ。
こちらは変わり天ぷらそば。
天麩羅がまたとてもおいしそうで、おなかがすいてきました(ぎゅるる)
天麩羅を一口で頬張る仁。
anegoの仁を思い出して、ちょっとだけうるっときました。
研修先で暴れて、奈央子さんにお迎えにきてもらっての帰りの電車の中、奈央子さんに買って来てもらった駅弁のしいたけを縦に頬張って食べてた仁がとてもせつなくて可愛かったなあなんてこと、瞬時に思い出しておりました(くすん)

キアヌのおいしいーいに出てきた慎吾くん。
討ち入りの格好をしています(笑)
「吉良はどこじゃ〜」って言って「47RONIN12月6日公開じゃ」と、言った後、おもむろに刀を抜き、「やあっ!」と仁を斬る。
「何で・・・あ〜っ」斬られた〜(笑)
ここで、仁の胸の谷間に鼻血出そうになったのは、この私(ぶはっ)


この後、どちらがおいしかったか、判定をと。
その前に日本のゲームをしましょうとお誘い。
あっち向いてホイ!をやって勝ったら、日本のお土産GET!
4対4ということで、戸田さんも参加させられます(笑)
まず、柴咲さんから。
木村くんと安堂ロイド対決です。
柴咲さんの勝ち。

次は仁。
草なぎくんとです。
顔がホントちっさいですねえ。
「2人って接点あるの?」と聞かれ、「スマスマで一緒に歌ったことありますよ」と草なぎくん。、
「あ。あっ」途中で思い出した仁。忘れてたのね^^;
「一回、どっかで挨拶。ドラマやってるときに挨拶に・・・」
「挨拶にいったけど、草なぎくんは覚えて・・・ない」
「ないいですね」あちゃー(笑)
「すいません、先輩後輩厳しくて」と、中居兄さん、キアヌに説明に行く。
「こっちが10年先輩です」と仁を指す。
「俺だわ、俺のほうが先輩だわ」草なぎくん。
仁はいやいや違うと笑いながら手を振る。これがまためったくた可愛い笑顔なんですわ。ドチドチしちゃいますって。
相変わらず、かわりもせずじゃんけんがたどたどしい仁(笑)
はじめて見た時からちっとも変わらないんですよね。
何であんなにたどたどしいのかしら^^;
あっち向いてホイ!
仁が勝ちました。
仁の指先を見ながら、そっちの方をむきました(笑)
あ、私も仁の指先を見ながらそっちの方を向きたいですわ。
っていうか、向き合ったら、溶ける(爆)
キアヌと稲垣くん。
稲垣くんに負けるキアヌ。
そして慎吾くんと戸田さん。
戸田さんの勝ち。


そして判定。
仁と柴咲さんは、木村、慎吾チーム。
キアヌは両方。
テレビのルールと言われ、草なぎ、稲垣チーム。
2対1で木村、香取ペアの勝利。
キアヌから日本刀をプレゼントされる。
刀を抜いてみると・・・なんと傘(笑)
傘にキアヌがサイン。




おしまい。




はあ、幸せな時間でございました。






長々とお付き合いありがとうございました(深々)








仁・・・。
 

2013.11.26 Tuesday comments(3)

スポンサーサイト

2018.07.04 Wednesday -

comment...

さやか 2013/11/26 23:24
本人は放送見てなかったらしいですw今日福岡入りましたが、ファン「スマスマ見たー」の流れで(・゚ρ゚)「俺見てない」ってなって、ファン「えー」からの(・゚ρ゚)「いやちがっ…他の仕事があって…」に対してファン「あぁー…」という感じに納得!みたいにみんなで返したんです。そしたらその空気がおもしろかったらしく爆笑してました。髪がくるくるじゃなくってます!MCも9分以上ありました。MCで福岡くるの何年ぶりかという流れで「KAT-TUNぶりか」発言。ソロ西仁くんですという自己紹介もありました。カメラで客席うつすときは会場がせまかったためか最前だけじゃなくけっこううつしてました。セリフはおっぱい見つけた!じゃなく、明太子2つ発見!でしたwマイクとペットボトルを片手で持とうとしてあわわわってなったり、キャップを落としそうになってあたふたしたり、大事なブラジャー落としてしまってしれーと拾ったりと全体通してかわいかったです。終始ニコニコでご機嫌でした!
kazuyo 2013/11/27 02:24
こんばんは!
仁君、可愛かったですね。あっ!と言う間に終わっちゃいました。
テレビに出てくれないと忘れてしまいそうです、このドキドキ感。
興奮して眠れませんでした。
NAOKO@管理人 2013/12/14 01:59
★さやかさんへ★
福岡レポありがとうございました。
スマスマのOA直後だったので、仁と共有の感覚を味わえた感じがよかったですよね。客席と距離感が近いからダイレクトなやり取りを仁も楽しんでる様子ですよね(^^♪髪がくるくるじゃないって、見たすぎます。


★kazuyoさんへ★
テレビって雑誌とはまた違うときめきがありますよね。
何より動いてる仁がお茶の間で見られるんですもの(笑)
もっともっとテレビに出てほしいなあって思いますよね。


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.