赤西仁盲目NAOKOが毎日語っております。
時に熱く…時に甘く…(笑)
最近は男子バレーボールの石川選手、柳田選手のことも呟いています。
どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m
last entry category archives profile
comment link Blog pet material by 空色地図
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.02.28 Wednesday -

32回目のおめでとう。。。

 

仁のお祝いをしてはや16年あまり。

 

ここまでお祝いが続くとは思いもしてた・・・かも?(笑)

 

 

 

好き・・・って意識してから自分の中で認めるのに時間がかかるタイプなんですよね。

だから、好き〜って言葉に出した時にはもう、ずーっと好きになっているっていうか、好きじゃなくなる時を思えないって感じでしょうかね。

自分のほうとしてはもうずっと、と。

 

もし、気持ちが離れるようなことがあるとしたら、自分のほうではないだろうなっていうくらいの想い。

 

 

 

 

仁ファン誰もが思ったりしたであろうけれども、好きでいること、ファンでいることが、苦しかった時期ってあると思うんですよね。でもそれが、ファンをやめるとかのきっかけにはならないって事は思っていましたけれど。

仁から離れる時は、やっぱり仁が私たちに背中を向けた時かなって思っていたので、まったく危機はなかったわけでもありませんけれども(こほんっ)

 

時には泣きながらくっついてきた仁に、最近ではとてもだいじにしてもらっているような至福の思いがあります。

 

 

それは何があってもついてきてくれたわたしたちへのご褒美のような(^^ゞ

 

ちょっとだけ嬉しくてくすぐったい気持ちもありつつ。

 

 

 

 

昔から仁は、表に出す思いはこどもっぽいところがあるけれど、その奥にある思いはとても大人びていると思っていたんですよね。

だから、最近の仁がとてもおとなっぽく感じたりするのは、年齢なりに自然にでてくるようになったのかなと思うのです。

とか言いながら、話すことは幼児だったりするので、保護者のような目線にもなったりするので、なかなかバラエティーにとんでらっしゃるとこがまた、可愛くて、私たちのココロをわしづかみなさっていおいでですってば。

 

 

 

 

 

昨日の誕生日のリリースイベントでは、なんとお椅子があったそうで。

いやあああー早く言ってよお(おこっ)

もうねえ、足腰が半端なく痛いんですよ。

スタンディングだと、グッズももちろん、入場から、ステージのスタンバイ、そしてステージまで、ずーっと立ちっぱなしで気が抜けなくて。

トイレに行く暇も、荷物の心配もしなければならないし、すっごく疲れるのです。

 

だから、席があるっだけで、ぐっハードルが下がるんですって。

 

 

 

多分もう席がないとこはいけない、かな〜?(たぶん)

 

 

 

 

仁さま、来年以降もぜしぜしお願いします(すすす)

 

 

 

 

 

やっぱり誕生日はじかにお祝いしたいですし。

私誕生日にもいつか逢えたらいいなあ、と(きらきらっ)

 

 

 

 

 

 

 

決められた枠の中で、やり続けることの難しさ、大事さはもちろんあるけれど、その才能をうずもれさせることは、もったいないし、閉じ込めておくことは難しいのだと思うのです。

 

 

 

 

 

時にはSだったり、それがファンを喜ばせ。

でも、本当の心はとても優しくて、その優しさに触れたときには、そっと涙し(え)

 

 

 

 

 

 

仁のそのビジュアルの美しさにため息をつき、その魅惑の歌声に魅了され。

 

これからも、そっと仁についていくのだろうと・・・。

 

 

 

 

 

 

でも、あまりにも最新鋭すぎると、ついていけなくなる、からねぇぇぇぇっぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ〜〜〜(ぜいぜいっ)

 

 

 

 

電子チケで既に、よろよろしてるもんで^^;

 

 

 

 

 

 

32才おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

仁〜♪

 

 

JUGEMテーマ:赤西仁

2016.07.05 Tuesday comments(0)

スポンサーサイト

2018.02.28 Wednesday -

comment...



(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.