赤西仁盲目NAOKOが毎日語っております。
時に熱く…時に甘く…(笑)
最近は男子バレーボールの石川選手、柳田選手のことも呟いています。
どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m
last entry category archives profile
comment link Blog pet material by 空色地図
template by xxx
qrcode
JIN AKANISI LIVE TOUR 2016 〜Audio Fashion〜 まとめ。。。

9月23日の国際フォーラムで、今年の仁のライブツアーは終了しました。

素晴らしいライブを完遂してくれた仁に感謝の気持ちでいっぱいです。

「ありがとう!」

 

そして仁と一緒に応援してたJIP’sのみなさまにも乾杯!!(^^)!

 

 

そして私にも乾杯!!(^^)!

 

 

 

ライブがあるたびにツイッターで素敵なレポを上げてくださる皆様にも乾杯!!(^^)!

 

 

 

ライブに入っても入らなくても楽しむことができました。

ライブに入ったときも、ああ、そうそうって大うなずき(爆)

ホント読んでるだけでも充分楽しいんですもの、ありがたいです。

 

 

 

ってわけで、私の感想もまとめ的な感じにしようと思ってます。

昔から克明なレポはしてませんでしたけれども(こほっ)

 

今回は(今後もかな?)感じたままを書いていこうかなって思ってます。

ライブに関係ない無駄なことも書くかもしれません。

そんなものもあるのね?くらいな気持ちで受け止めてくだされば嬉しく思います。

 

 

 

 

それでは、チャンネルはこのままで←TV?

 

 

 

7月9日(♪)の三郷を皮切りに今年のライブツアーが始まりました。

私は2日目の三郷から入りました。

ライブを見て思いました。

今年のツアーは初日ほんとっに入りたかったです。

でも、どんなに何しても初日のチケットは手に入りませんでした。

なので、あきらめて2日目の三郷に切り替えました。

初日に入られたお友達が気をつかってくださって、まっさらな目で見たほうがいいですよ、といってくださったのに、のに。

普通にTLで流れてきてしまって、あうち!

三郷に入ってわかりました。

本当にまっさらな目で見たかった、と。

これがもう本当に残念でなりません。

あの映像を、おお〜はう〜って驚きたかった。

 

ネタバレ自体はほとんど気にしない、もしくは積極的にあさるほうですが、それでも、あまりにも詳しすぎたり、今回の初日のように仁が新たな試みを見せてくれたときには、まっさらでみたかったなあって思いますね。

 

 

ここ三郷の席は私にしては、まあまあいい席ではありました。

去年のようにトロッコが出たら、鼻水たらしちゃうんじゃない?(汚っ)な、お席でございました。

出ないって聞いてお友達とうなだれましたけれども、ええ。

 

 

次は仙台。

こちらは、3階でして、さすがに3階ともなると、遠かったですねえ。

2階くらいだと、逆に全体が見えて楽しめる感があるのですが。

でも、3階なりの楽しみ方をして見ました。

 

 

そして、間が空きまして川越、これもまあどうやっても取れませんで^_^;

縁がないとはこういうことをいうのだろうと。

 

 

 

次は追加コンの国際フォーラムA

KAT−TUNコンの出発点なので、ここに入ると感慨深くなりますね。

ここは2階から。

俯瞰で楽しみました。

ライティングがホント綺麗で、ステージよりも天井を眺めているほうが多かったかも^^;

 

 

そしてそして中野サンプラザ。

 

 

ラストオーラス国際フォーラムA。

私は未確認ですけれども、仁の娘ちゃんがはじめてライブを見に来たようで。

私たちファンがいる場所に奥様と娘ちゃんを招待できるまで私たちにココロを開いてくれたのかなって思ったら、むねあつです。

色々ありましたもんねえ。

 

MCでも、隔週でフォーカスに載ってたと。

それでもファンでいてくれたのが、今もファンでいてくれてる人たちなんだって言ってくれました。

ホント、紆余曲折、波乱万丈。

空を眺め涙し、どれだけの涙を流してきたのかと思うと、今が信じられません。

 

 

 

JINTAKAも発売になり、遊びと仕事の融合の見事さ。

こういうことがしたかったんだってよくわかります。

ずっと前に言ってましたっけね。

プライベートと仕事は分けたいけれど、プライベートでの交友関係で仕事ができたらいいなって。

いまいちピンとこなかったけれど、やっと腑に落ちました。

こういうことだったのね、と。

それも、独立したからこそ出来ることなのだと思います。

 

 

 

ステージの感想に移りたいと思います。

JIN KANISIのライブは仁が主役です。

でも、仁は時として、自分の歌をダンサーさんたちのバックミュージックのようなステージにして魅せてくれました。

気がつくと仁を観ないでダンサーのほうに釘付けになっていたりしました。

これぞ、仁の思うステージ構成だったのだろうと思いますね。

そして圧巻なのは、ポールダンス。

これはもう、ここにスポットライトあてて、仁に至っては後ろ向いて歌ってましたから。

ダンサーは単なるバックダンサーではないという仁の思いがすごく伝わってくるステージでしたね。

それは前世(笑)で、仁がたっぷりバックダンスをつとめてきたからわかることだったのだろうと。

 

 

前世で培ってきたいろんなスキルが今のステージに全部投影されているんだなって思います。

まさに、仁のいう回り道も無駄ではないんだということがよくわかりますね。

どうしても回り道は遠回りでしかないって思いがちですから。

 

 

 

 

この後、マカオ、上海とめぐるんでしたよね。

私は行きませんけれども、トラブル無く楽しくできますように、と。

 

 

おおそうじゃった、幕張もありましたね。

こちらは、ツアーとは構成が少しかわるようですが、どんな風になるのでしょうね、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

仁〜♪

 

 

 

JUGEMテーマ:赤西仁

2016.09.25 Sunday comments(2)

スポンサーサイト

2017.05.16 Tuesday -

comment...

つき。 2016/09/26 00:11
先日は、ありがとうございましたm(__)m
NAOKOさんの感想?しっかり読ませていただきました。実をいいますと、読んでてウルってきたのです。何だか分からないなのですが、幸せな気分になってしまって。NAOKOさんの文章のあったかさなのか、仁さんの素敵さを思い出したからか。きっと両方なのでましょうね♡
私のライブはこれで終わりますが、幕張の感想もお待ちしております(^O^)/
NAOKO@管理人 2016/09/28 09:36
★つきchanへ★
感想(?笑)読んでくださってありがとうございますm(__)m
ライブを思い出すと、仁の想いが伝わってきて暖かい気持ちになりますよね。私たちファンにもきちんと向き合ってくれてるってことがツアー乗るんじゃ度に深く感じます。

幕張もまたしょーもない感想になるかと思います、笑。詳細はツイッターの方で上がるのでまた書けたらブログを書こうと思います¥(//∇//)¥


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.