赤西仁盲目NAOKOが毎日語っております。
時に熱く…時に甘く…(笑)
最近は男子バレーボールの石川選手、柳田選手のことも呟いています。
どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m
last entry category archives profile
comment link Blog pet material by 空色地図
template by xxx
qrcode
JIN AKANISHI LIVE 2017 in YOYOGI -Resume- 5/5・5/6。。。

YOYOGIからもう1週間過ぎてしまいました。

余韻に浸りつつも、記憶も薄れていかないうちに記憶をとどめておかなくてはっ。

既に記憶の彼方へといってしまわれたものもあるかとは思いますが、笑。

できるだけ引き戻しながら書いていければと思います。

今の段階ではどんな感じになるのか予想もつかず・・・。

 

 

 

お付き合いいただける方は続きにて。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:赤西仁

毎年夏にツアーがあるので、今年もだと漠然と思ってたら、まさかのGWにYOYOGI。

YOYOGI・・・。

 

最近のじんじん。

ちょっと小汚くて(爆)

 

だって・・・ぼそっ。

 

 

髭面とか髪ぼさぼさとか・・・。

 

 

 

んー。

 

 

 

かっこいいのはかっこいいけど、私が見たい仁じゃないんだもん(半分拗)

 

 

 

YOYOGIもそうでしょ、きっと←思い込み激しすぎ。

 

 

 

 

両日アリーナはずれたのでスタンドから。

 

5日は真横。

オープンサンドのステージがよく観えるとこ。

 

6日は5日の反対側のややバクステより。

 

どちらも会場中を見渡せるとこでした。

 

 

 

 

客電が落ちたので、立ち上がり、そしてサイリウムをポきっと折って準備OK!

 

 

 

仁の登場。

 

 

 

 

 

えっ?

 

 

 

 

 

 

仁がまさかのタキシード?

 

 

え?

 

 

 

Eternal・・・

 

 

 

 

ひいいいいいいいいいいいいいいいい私のココロの雄たけびと会場中のどよめきがリンクしました。

 

 

 

 

 

 

ばっくんばっくん・・・。

 

 

 

高鳴る心臓。

 

 

 

 

ベルベットのタキシード。

白いマフラーしてるぅぅぅぅ〜って思ったら、白い襟だったのぉ。

 

 

 

Eternalの優しい声に涙がほろほろ頬を伝っていくのです。

 

 

 

え、ちょっと待って、仁不意打ちはずるい←決して不意打ちではない。

 

 

 

涙ぬぐいながらひたすらスクリーンの仁を見て、ステージの仁を見て、そしてまた泣く。

忙しい私。

 

 

 

こんなに優しく会場中を包み込みながらのEternal鷲掴みもいいとこです。

 

 

 

あっという間の仁の作り上げる世界へと誘われていってしまいました。

 

 

 

 

そのまま新曲に突入。

 

少しアップテンポのバラードっぽい曲だったのかしら。

その時はそんな風に思いながら聴いてました。

 

これが、Eternalがどっかいっちゃうくらい素敵な曲でした。

どっかいかないけども、笑。

 

また聴きたいなあって思いました。

 

 

 

そのまま懐かしいラインナップ。

Bass Go Boom

My MP3

Yellow Gold

 

息もつけないくらい。

 

 

仁もタキシードのまま歌い続け、ジャケットを脱ぎ、ネクタイをしゅるるんとはずし首にかけ、カフスをはずし、シャツの裾を出し、前を全開し、気がついたらタンクトップに。

いやああああああ、公開ストリップを見てるかのような(はあはあ)←こらこら。

 

A Page

かつて苦しげに声を絞り出して今にも倒れそうになって歌ってた仁の姿はそこにはありませんでした。

おかしくなってた頃に作った曲、と、さらりと言う仁。

こんなにはっきりこの頃のことを言ったのは私ははじめて聞きました。

仁には何度かの危うい時期がありました。

この頃もその危ういと思った時期のひとつ。

最後かな。

 

Chrismas Morningは、センステの床が斜めになり、ライトの上部部分が降りてきて仁を照らし始めるのです。

仁がホットサンドになっちゃう・・・って思った人はわたしだけではないはず。

床があまりに斜めになるので落ちてしまうのではないかとはらはらしつつ、仁も相当つらそうに見えました。

いいステージのためには苦しさもいとわない・・・そんな仁の思いを受けってはまた涙するのはこの私。

 

Set Love Free この曲は割りと好きでよく聴きます。

Test Drive   That's What She Said  Aphrodiac  Sun Burns Down Oowoh

懐かしい曲が続きます。

 

アイナルホウエ

ライブ会場で聴くたびに好きになっていきました。

会場中の一体感が半端ないです。

仁と会場にいる私たちが作り上げていくような気がする曲ですね。

 

Baby

はじめて聴いた時、泣きました。

こんなに愛されたらどんなに幸せだろうかと。

素敵な歌詞に胸いっぱいになるのです。

Love Song 

Baby Girl

 

 

 

バクステで軽率に組んじゃったと言ってたバンド。

思い切り本気じゃないですかっ!

Paparats

Mi Amor

バンデイジのナツがそこにいました。

ライト浴びて歌うナツが・・・。

仁なのにナツがいたのです。

 

 

 

次の曲のイントロが流れた瞬間。

会場中が揺れました。

私もひえええええええってなりました。

なぜって?

Careですよ、Care・・・。

 

泣く、絶対泣く。

 

どれだけ泣かすの仁。

 

 

泣いても目はしっかり仁を見てる。

 

 

やわらかく優しく歌い始めました。

これも苦しそうに歌ってた時もありました。

声が出にくかったのか、ホントに苦しかったのか、私には計り知れないですが、とにかく苦しそうにつらそうに歌ってた時もありました。

こんなに余裕で声を出し、優しく歌ってくれる日がまた来るなんて思いもしなかった頃もありました。

あの頃の私に言ってあげたい。

いつか仁は優しいまなざしでこの歌を歌う日もまたくるよ、って。

同じような思いでこの曲を聴いてた人も多かったかと・・・。

仁の私たちファンに対する思いを受け取ったような気がしました。

 

 

We The Party

踊りだしたくなるような楽しい曲ですよね。

 

Slow

 

Dayun大人の色気が駄々漏れます。

 

Summer Kinda Love今回の仁プロディユースの香水のタイトルだそうで、仁の香水のイメージなんですね。

仁は甘い香りすきそうだなって思ってたので、やっぱりねと。

あまりに不評なので、会場に振りまいていくじんじん(爆)

甘い香りが会場中を包み込みます。

不評すぎちゃったのも・・・。

厳しい意見も受け入れつつも・・・。

やっぱりイラっとしちゃったじんくん。

会場中に振りまいたおかげで、売り切れてしまいました。

販促お上手ですっ!

 

Choo Choo SHITAINも流れ、そのままの勢いで、Hey What's up これは盛り上がりますね。

サイリウムはここで使わずしてどこで使う?な気持ちになります。

 

最大限に仁と私たちファンが一体になる曲です。

 

 

天井を見上げるとそのライティングの見事さにため息が出ます。

 

 

代々木体育館の中がすべて仁ワールドに染まりました。

私もその一部。

しっかり染め上げられました、笑。

 

 

 

最後は新曲、Yesterday

これも本当に素敵な曲で。

 

 

 

ずっと応援してきた私たちへのありがとうの思いがいっぱい詰まったYOYOGI!

 

それでいて新たにファンになった人もけっして置き去りになることもなく、会場中が一体になって楽しんだライブでした。

 

 

今回のライブはイベント的な感じのライブのつもりだと仁は言ってました。

特別感のあるとても素敵なライブでした。

私たちも仁にありがとう!って。

 

 

最後はもう感謝の気持ちでの拍手。

 

 

 

 

ありがとう!

 

 

 

仁のありがとうもたくさん受け取りました。

 

 

 

 

 

ありがとう!

 

 

 

 

今年は忙しくてツアーが出来なくて・・・って。

 

 

 

 

 

 

そんなのも吹き飛ぶ想定外の素敵なステージを魅せてくれてありがとう!

 

 

 

 

ずっと観たかった大人な雰囲気のステージがそこにありました。

邪魔だっていつも思ってたブラもこのステージはなく。

後半はちょっとありました。

スパイス的な感じで。

顔も全開で。

ああ、あたしゃこれでもう思い残すことはないよって思ったくらい。

満足感でいっぱいでした。

 

 

 

仁、本当にありがとう!

 

このステージは絶対に忘れない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

勢いでここまで書き綴りました。

 

抜けてると事かあったら、こっそ書き足したりします。

 

 

 

 

 

それでは、長々お付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

いつの日かまた・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

仁・・・。

 

2017.05.16 Tuesday comments(1)

スポンサーサイト

2017.05.16 Tuesday -

comment...

つき 2017/05/16 20:08
NAOKOさん、ありがとうございますm(._.)m
私、やっぱりNAOKOさんのレポ、好きです♡
読みながら泣いちゃいました。
これからも、仁と一緒に幸せになりましよーね(^O^)/


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.