赤西仁盲目NAOKOが毎日語っております。
時に熱く…時に甘く…(笑)
最近は男子バレーボールの石川選手、柳田選手のことも呟いています。
どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m
last entry category archives profile
comment link Blog pet material by 空色地図
template by xxx
qrcode
JIN AKAnISHI "JINDEPENDENCE"TOUR 2018< THEATER LIVE>

今回のツアーはスタンディングなので、あきらめてたのですが、ライブビューイングがあるというので、申し込みしました。

当選した時は、ココロがときめきました(^^♪

だって、行かないって決めた段階で、もう気持ちは傍観者になる人なので私は。

だから、レポ見て、ビジュアルさいこーとか書いてあると、私の中の仁を起動させてあれこれ脳内で再生しては喜んでいました。

 

それが、観られるって?

きゃあああああああああ、どうする?

ああああああ・・・

 

観にいけるとこに映画館はあるのか?

当たるのか?

 

今度はまた違うことで脳内ぐーるぐる。

 

 

ライブのセットリストを見ながら、Blessedのアルバムをひたすら聴き込む私。

セットリストではないのか?との疑問ですが、諸事情により、ライビュまでの間にセットリスト順のプレイリストが作れなかったのです、えぐえぐ。

 

 

でも、このBlessedのアルバムはとても好きです。

いや、かなり好きです。

仁の出したCDの中でも一番といっていいほど好きです。

最新版が一番好きってのは、すごいことです。

 

 

Blessedツアーで一日だけ雪が降った寒い日にライブに出かけた私ですが、今回のライビュもまた一日だけとても気温が下がった寒い日でした。

ライビュ後にいえ、ライビュ前にもビール呑んじゃってましたが、寒くて、うえーい!は気分になれなかったのはとても残念。

それでも、生チュー3杯は飲んでおりますが(^^ゞ

真冬と違ってしっかり着込んでませんし、暖房も入っているわけではないので、飲むには寒いんですよ。

これだけが心残り・・・え?

 

いえ、ライビュ感想もちろん、いきますともっ!

 

続きにてお付き合いいただければ、と思います。

 

 

 

仁〜♪

 

 

 

JUGEMテーマ:赤西仁

ライブだ、ライブだと浮かれてましたが、開演前ポテトの匂いでいっぱい。

おなかが鳴るじゃないっ!

おいしそーじゃんっ←なぜか少しキレ気味。

そう、ここはライブ会場であってライブ会場ではなかった。

サイリウムほしーな?って思ったけれど、必要なかった感。

 

スタンディングで盛り上がるスクリーンを観ながら、ふかあふかの椅子でゆったり観るという、豪華な雰囲気。

これぞ、ライビュの醍醐味・・・なのか?

 

仁がそこにいる、めっちゃアップ。

はううううう、後ずさりしたくなるが、背もたれがあるので、のけぞることすらできません。

そしたら、カメラに向かっ手を振る仁。

ううううう、可愛い、かっこいいいいいいいいいいい。

私たちに向かって「ひとさま」って(爆笑)

カメラの向こうの人たち〜を丁寧にしたら、ひとさま、になっちゃったんでししょうかね。

いつも予測の向こう側をいく仁です。

 

 

We The Partyから始まります。

うううううう盛り上がりますね〜

この曲もライブで聴くたびに好きになっていった曲のひとつです。

そしてMiss Californiaトロッコでないかときょろきょろしてしまう、笑。

Eat Ya Heart OutからのGood or  Badこれはじめて聴いた時からもう大好きになった曲。

低音が低音だけじゃないですが、とにかくセクシーで五臓六腑が鷲づかみされるのです。

Feel、Let Me Talk To U天井をつい見上げてしまいます、笑。とても綺麗な曲なので、ココロが綺麗になった気がします。

Careうふふふふ、大人になった仁のCareも素敵。

Summer Kinda Love割と好きっ!

アイナルホウエ オーラスで聴くとうえーーーーい!って楽しい気持ちで終わる曲なんですよね。

それが途中でうええええいって盛り上がるのもまた楽しい。

Lukeyはラキラキって振りしたくなります。

仁はもうやってくれませんけれど、あの振りめたくた可愛いですよねーまた観たいな、らきらき。

Candy Flavor Girlは新曲ですね。素敵。

Felling

Mrs.Rightギターに合わせてしっとり。

仁はまあまあ好きと。

これもまた聴けば聴くほど好きになりますね。

仁の大人っぽい声が堪能できる曲になってると思います。

Babyうううううう素敵、うるうる。

Thought新曲。

そしてそして、今回の私的メインイベントのムラサキ。

あああああ、今の仁で聴ける喜びってなにもにもかえがたく。

先日東京ドームを揺らしたムラサキ事件?で界隈が盛り上がっていたので、余計に感慨深く聴き入りました。

まだJr.の頃に後々まで愛されるこんな素敵な曲を作ってた仁。

改めて仁の才能にひれ伏したくなりますね。

Mi Amorううううううううこれは、はじめてライブで観た時のように上半身裸でギターを弾き鳴らしながら歌ってほしいものだと毎回願う曲なのです。

もうやってくれないだろうなああ(遠い目)

Dayum仁のダンスがめっちゃエロくて好き。もっとやれぃ(殴)

Fill Me Upこれもスキーーーーーー!

ラストはSUMMER LOVING!

 

もうこれ以上の曲はやってないから出来ないって上手にお断りする可愛い仁くん。

私は、毎回アンコールなくてもホント満足でほくほくの気分で帰りの途に着くのです。

もちろん、今回もね。

 

ありがとう、仁。

 

 

もうね、レポで聴いてたとおりビジュアルさいっこう!

黒目がキラキラ輝いててね、くるくるよく動いてね、目に笑みを浮かべながらいたずらっそうな目で歌う仁が観たかったの。

いつでも観たいのです。

もう二度とあの綺麗な黒目が曇ることがありませんようにと。

あごのラインがもうねえ、絶品なんですってば。

骨が綺麗な人なんです、仁は。

もちろん骨格もですけどね。

骨格だけではないですけどね、笑。

 

そんな美の神に愛された仁は、綺麗なラインのジーンズをはいてらして。

片方に何人入るんだ?みたいなだっぶんだっぶんなジーンズをはいてた時がウソのようです。

あのジーンズをはいてた時は、もう細いジーンズははいてくれないのではないかと思ったくらいいつもいつもはいていたので。

うううううう、嬉しくて泣ける。

泣くとこ、間違ってる気がしますが、ほっといてやってください、笑。

 

 

昔だったら、まだまだ書いてた気がしますが、今はスマホで見ると思うので、あまり長くなっても・・・既に充分長いと^^;

 

 

 

それでは、またライブに行くことが出来ましたら、ここでお会いしましょう。

 

 

 

 

仁。。。

2018.05.30 Wednesday comments(1)

スポンサーサイト

2018.05.30 Wednesday -

comment...

- 2018/05/30 16:48
管理者の承認待ちコメントです。


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.